太陽光発電設備の点検頻度について解説

この記事でわかること

・低圧、高圧太陽光設備の点検頻度
・見るポイントについて
・点検は義務なのか

目次

点検頻度について


低圧の場合

JPEA(太陽光発電協会)の参考を見ると
定期点検を4年に1回以上
実施することが推奨されている。

点検頻度に関しては任意になるため
経済産業省に届け出としては決まっていない。

点検を行わなくても良いわけではないので
注意しなければならない。

適切な点検頻度を自主的に定め、
点検を行うことが求められています。

高圧の場合

設備条件によって点検頻度が変わります。
以下一般的に多い設備を対象に解説します。
詳細に関しては点検頻度確認フロー図を
確認して下さい。

電気主任技術者の選任又は外部委託に
よっても点検頻度は変わってくる。

・専任の場合は
 メーカーなどの推奨を参考にして保安規定
 を作成する。

・外部委託の場合は
 国の点検頻度告示等に基づき保安規定を定める
 必要がある。ここで太陽光設備が年2回以上の
 点検が求められる。

点検のポイントについて


太陽光の点検ポイントに関して各メーカーや
設備の設置状況に応じて定める必要がある。

技術基準に適合させる項目は除外できません。

太陽光発電協会の点検ガイドラインを参考に
記載します。
公式HPよりPDFも見ることができます。
(2024年6月時点)

点検ポイント ※詳細はガイドライン参照
フェンスの破損及び鍵の損傷
排水路のごみ、泥の蓄積状況
太陽光パネルの汚れ、割れ、発熱
架台金具の緩み、地盤状況
PCSの発電状況、発熱、異音、汚れ
その他ケーブルの接続状況など

ガイドラインに沿って点検内容を決めるのが
合理的ではありますが、現場によって
重要視する部分などがあるかと思いますので
参考程度にお願いします。

点検は任意なのか


高圧の場合

高圧受変電設備の場合は点検は必須となります。
電気事業法に基づき、定期的な点検が義務付け
られています。

低圧の場合

経済産業省「事業計画策定ガイドライン」により
太陽光発電設備の保守点検及び維持管理を行う
必要があります。

まとめ

太陽光発電設備は点検義務と技術基準の適合、
維持が求めれています。
専門業者に委託することも可能です。

当事務所でも太陽光に関する点検を行って
おります。お気軽にご相談下さい。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

太陽光業界に従事しており、
得意分野は太陽光関係の点検になります。

使用前自己確認、絶縁抵抗、接地抵抗、耐圧試験
外観検査、保護継電器試験、温度測定....ectなど
電気設備に関する情報発信も行い、私自身も点検
で現場に入っております。

今後もいろいろな設備を点検すべく
情報発信をしていきます。

点検に関するお問い合わせお待ち
しております。

試験内容の確認などにZOOMや
現地へのお伺いも可能です。
お気軽にご相談下さい。

目次